アドバンテージとは【なぜ続く?/ラグビーのルール解説】

アドバンテージとは【なぜ続く?/ラグビーのルール解説】

アドバンテージ!

ラグビーの試合を見ているとよく聞く言葉です。
ラグビーのルールでアドバンテージは超重要。意味を理解すればもっと観戦が楽しくなるはずです!
アドバンテージをクイズ形式で解説して行きましょう!

アドバンテージの意味とは【ラグビーのルール解説】

アドバンテージとは優位な状態を意味しています。

どちらかのチームが反則を犯した時、試合を止めずに続行する事があります。この時アドバンテージが発動しています。

反則を犯していないチームはもし攻撃に失敗したとしても反則が適用されるという保険がある状態なので思い切って攻撃を仕掛ける事ができるのです。

つまり、反則を犯していないチームは優位な状態でプレーをする事が出来ます。

アドバンテージはいつからいつまで続くのか【時間はまちまち】

アドバンテージは相手チームが反則を犯した時に発動します。
確かにアドバンテージは優位な状態ですが、そんな状態がいつまでも続くと限りません。
アドバンテージの時間はまちまちでこれといって何分と言う決まりはありません。

では、いつまで続くのか?

①反則を犯していないチームが、アドバンテージを活用したとレフリーが判断した時
②反則を犯していないチームが、アドバンテージを活用できず不利な状態になったとレフリーが判断した時
③反則を犯していないチームが、アドバンテージを活用する前に反則を犯した時

アドバンテージはこの3つの状態になると解消及び反則の適用という形で終わります。

アドバンテージの解消(オーバー)と反則の適用

アドバンテージは解消という概念があります。

先ほどの①の状態、反則を犯していないチームが、アドバンテージ を活用したとレフリーが判断した時にアドバンテージは解消します。レフリーは「アドバンテージオーバー」と言って解消します。

例えば、アドバンテージの状態にあるチームが大きく前進した時や、ピンチとなる場面を脱出した時などで解消されます。

逆に反則を適用する場面は②と③の状態、反則を犯していないチームが、アドバンテージを活用できず不利な状態になったとレフリーが判断した時とアドバンテージを活用する前に反則を犯した時レフリーは笛を吹き反則が起きた場所に戻りスクラムやペナルティで試合を再開します。

【Q&A】アドバンテージの解消かペナルティの適用か?

アドバンテージが解消する場面をクイズ形式で見て行きましょう。

問題①

Aチームが攻めている時、Bチームがハンドの反則を犯しアドバンテージが発動しました。
しかし、Aチームはそのまま攻め続ける事ができる状態なのでプレーを続行します。
AチームがBチームのディフェンスを突破、おおきく前進する事が出来てさらにチャンスを広げる事が出来ました。
この場合はアドバンテージは解消されるか?

正解は解消されます。
Aチームが大きく前進する事が出来ているのでアドバンテージを有効に活用出来ていると判断されます。そのためアドバンテージは解消されます。

関連記事

ラグビーは手を使うスポーツです。 しかし手を使ってはいけない場面があり、そこで手を使うと「ハンド」の反則を取られてしまうルールが存在しています。そこで今回はハンドとはなにかについて解説します。 ハンドのルールを知っておくだけ[…]

問題②

Aチームが自陣奥深くまで攻め込まれている時、BチームがノックオンをしてAチームがボールを取り返しました、この時アドバンテージが発動しています。
Aチームはピンチを脱するためにタッチキックを蹴って自陣から脱出しました。なお、タッチキックはBチームボールのラインアウトで試合を再開することになります。
この場合はアドバンテージは解消されるか?

正解は解消されます。
タッチキックを蹴る事でBチームのボールとなってしまいますが、ここでノックオンの反則を適用しても自陣奥深くのスクラムから再開し、Aチームはまたピンチを脱出するためにタッチキックを蹴るので結局同じことです。そのためこの場合はノックオンのアドバンテージは解消されます。

関連記事

ラグビーで超重要なセットプレーであるラインアウトですがルールについて良く分からない人も多いと思います。 このページではラグビーのラインアウトとはなにか、ルールやリフト・戦術・投げ方など一通りの解説をGoogleの検索結果の中で[…]

ラグビーのラインアウトとポジションの配置と役割について

問題③

Aチームが自陣奥深くまで攻め込まれている時、Aチームがジャッカルでボールを取り返しました。慌てたBチームが思わずオフサイドをしてしまいアドバンテージが発動しました。
Aチームはピンチを脱するためにタッチキックを蹴って自陣から脱出しました。なお、タッチキックはBチームボールのラインアウトで試合を再開することになります。
この場合はアドバンテージは解消されるか?

正解は反則を適用します。
オフサイドはペナルティーで試合を再開します。ペナルティーキックを選択してタッチキックを蹴った場合再びAチームボールのラインアウトでスタートできるため、このほうがAチームにとって有利です。そのため、アドバンテージは解消せず反則を適用します。

関連記事

ラグビーのルールでは重い反則を犯すとペナルティを課せられます。ペナルティを課せられた場合、相手チームはオプションを選び試合を再開することができます。では詳しく解説していきましょう。 ペナルティキックとは【オプション選べます/ラグビーのルー[…]

 

このように、ラグビーのアドバンテージは状況により解消されるか反則を適用するかは様々です。

ややこしいように思えますが、アドバンテージの意味を理解して試合を見ると少しづつわかるようになるはずです!

アドバンテージを活用しよう!

アドバンテージの意味を理解して試合を進めると有利な状態で試合を進める事が出来ます!

観戦する時もアドバンテージを理解していると今めちゃくちゃチャンスなのか、ピンチなのか?分かるようになるのでよりワクワクしながら観戦できるはずです!

理解するコツはたくさん試合を見る事です!アドバンテージの意味を今一度確認して試合をたくさん観戦しましょう!

ノーサイドTVでは日本を必ずラグビー世界一の国にする事へ本気でチャレンジします。
今後もご声援のほど、宜しくお願い致します。

是非、他の記事もご覧下さい!