ダイレクトタッチキックとは【あー出ちゃった/ラグビーのルール解説】

ダイレクトタッチ,キックオフ,ペナルティ,フリーキック,ラグビー,ルール,解説

ラグビーのルールではダイレクトタッチという物があります。ダイレクトタッチはキックをすることにより発生する現象です。
ダイレクトタッチはラグビーのルールで難易度高めですが、このルールを知るともっとラグビー観戦が楽しめますよ!

ダイレクトタッチとは

ダイレクトタッチとは、キックしたボールがバウンドすることなくタッチラインより外に出ることを言います。
ただし、全てのスチュエーションで起こる現象ではありません。

・22メートルラインよりも外でキックしたボールが直接タッチラインより外に出た時
・キックオフのドロップキックが直接タッチラインより外に出た時

ダイレクトタッチ,キックオフ,ペナルティ,フリーキック,ラグビー,ルール,解説

この時、ダイレクトタッチとなります。
相手チームの22mライン内側は、自分のチームにとっては22mラインの外側になるので注意です。

ダイレクトタッチはミスキック【相手ボールのラインアウト】

ダイレクトタッチは試合中に起きると「うわー、やっちゃた・・」となるプレーです。

ダイレクトタッチをすると、キックを蹴った地点からトライラインに並行な線とボールが外に出た方のタッチラインの交わるところから相手ボールのラインアウトでスタートします。

 

パターン① 22m外側からのダイレクトタッチ

ダイレクトタッチ,キックオフ,ペナルティ,フリーキック,ラグビー,ルール,解説

 

この場合、22mラインの外側からボールを直接蹴り出してしまっているのでダイレクトタッチです。

●から相手ボールラインアウトで再開するため、自陣にいるとピンチとなってしまいます。

パターン② 22m外側からバウンドしてタッチ|ダイレクトタッチにならない

 

この場合、22mより外側で蹴っているのですがボールがタッチラインを出る前にバウンドしているためダイレクトタッチとはなりません。

ボーツが出た●の地点から相手ボールのラインアウトで再開します。

タッチラインギリギリを狙って蹴る必要があり非常に難しいキックですが狙って蹴れるようになるとものすごい武器になります!

パターン③ 22m内側からダイレクトに蹴り出す|ダイレクトタッチにならない

ダイレクトタッチ,キックオフ,ペナルティ,フリーキック,ラグビー,ルール,解説

 

この場合は、22mより内側から蹴っているので直接タッチラインからボールが出ても、ダイレクトタッチにはなりません。ボールが出た●の地点から相手ボールのラインアウトで再開となります。

22m内側からはピンチを脱出するためにキックをダイレクトで外に出す事が出来ます。

セットプレーからのダイレクトタッチ

ダイレクトタッチはセットプレーからも起こるミスキックです。

セットプレーでダイレクトタッチが起きるとめちゃくちゃ残念な感じになります。

パターン① キックオフからのダイレクトタッチ

キックオフはドロップゴールですが、ボールが直接タッチラインを出てしまうとダイレクトタッチになります。

キックオフでダイレクトタッチを蹴ってしまうと、キッカーが蹴った地点からのスクラムか、やり直しかどちらかで再開することになります。

キックオフは前後半の試合の最初、トライを取られた後の再開の時に蹴るのでダイレクトタッチを蹴ってしまうとめちゃくちゃ嫌な雰囲気なります。

パターン② フリーキックからのダイレクトタッチ

ダイレクトタッチ,キックオフ,ペナルティ,フリーキック,ラグビー,ルール,解説

 

ラグビーにはフリーキックがあります。

フリーキックは一度プレーが止まりキック、スクラム、タップ&ゴーのオプションを選ぶ事が出来ます。

今回はキックを蹴る選択をしたとします。

その場合、このような22mの外側でフリーキックを得た時、直接ボールがタッチラインをでてしまうとダイレクトタッチとなります。

パターン③ 22m内側からのフリーキック|ダイレクトタッチにならない

ダイレクトタッチ,キックオフ,ペナルティ,フリーキック,ラグビー,ルール,解説

 

この場合は、22mより内側から蹴っているので直接ボールがタッチラインからボールが出ても、ダイレクトタッチにはなりません。ボールが出た●の地点から相手ボールのラインアウトで再開となります。

パターン④ 22m外でのペナルティーキック|ダイレクトタッチにならない

ダイレクトタッチ,キックオフ,ペナルティ,フリーキック,ラグビー,ルール,解説
相手が反則を犯した場合ペナルティで試合を再開します。ペナルティの場合は、ペナルティキック、ペナルティゴール、スクラム、タップ&ゴーのオプションを選ぶ事が出来ます。

ここではペナルティキックを選択したとします。

ペナルティーキックは22mの外側・内側であろうがダイレクトタッチにはなりません!!どこから蹴ってもボールが出た●のところからマイボールのラインアウトで再開する事が出来ます!

覚えておきましょう!

関連記事

ラグビーのルールでは重い反則を犯すとペナルティを課せられます。ペナルティを課せられた場合、相手チームはオプションを選び試合を再開することができます。では詳しく解説していきましょう。 ペナルティキックとは【オプション選べます/ラグビーのルー[…]

ダイレクトタッチはテンション下がる・・・・。

ダイレクトタッチを蹴ってしまうとテンションが下がります。
チームの指揮に関わるプレーなので蹴らないように気をつけましょう。

ダイレクトタッチとそうでないタッチキックの違いを覚えておくと、よりスムーズに試合観戦が出来ます!

試合を見ながらこの解説を見て楽しんでください!!

ノーサイドTVでは日本を必ずラグビー世界一の国にする事へ本気でチャレンジします。
今後もご声援のほど、宜しくお願い致します。

是非、他の記事もご覧下さい!