ラグビーの反則 ハンドとは【ルール|ラックではお触り禁止!】

ラグビーは手を使うスポーツです。
しかし手を使ってはいけない場面があり、そこで手を使うと「ハンド」の反則を取られてしまうルールが存在しています。そこで今回はハンドとはなにかについて解説します。

ハンドのルールを知っておくだけで、試合観戦の密集を見るのが楽しくなります。

なので是非、ざっくりで良いので今回覚えておいてください!

ラグビーの反則 ハンドとは【ルール】

ハンドは少しだけ難しく感じますが、基本を理解すれば決して難しいルールではありません。

ラグビーのハンド(ボールキャリア編)

ラグビーではボールを持ちながら倒れてしまった場合、1回のプレーだけは動く事が可能です。

1回のプレーはワンプレーとも呼ばれますが、
・倒れながら後ろを向いてボールを出す
というのが基本的なプレーになります。

この時、相手がボールに対して絡んできているのにボールを離さず持っている事をノットリリースザボールと呼びます。

これは馴染みがある人も多いと思います。

ではハンドは何かと言うと、倒れた後に後ろへボールを置いた後、倒れている状態のまま手を使って引き続き後ろへボールを手で送ったり、ボールを持ってパスをしているとハンドの反則が取られます。

ラグビーのルール,ハンド

オフロードパスは、倒れる前や倒れながらのパスなのでハンドではありません。

 

ラグビーの基本として、

倒れている選手はプレー禁止

という概念があります。

なので、倒れている状態であれこれプレーするのは不正とレフリーに判断されて反則を取られてしまいます。その1つがハンドです。

ラグビーのハンド(ブレイクダウン編)

先ほど、倒れている選手はプレー禁止と書きました。

これは決してボールを持っていた選手だけの話ではありません

ボールを持って倒れた味方もプレーする事は出来ません

ラグビーのブレイクダウンでのハンド

倒れてしまった場合にはすぐ立ち上がって生き返るのが基本です。
ただ、そうは言っても呼吸が限界に来ている事もあるので、このタイミングで呼吸を整えたりして次のプレーに備える場合もよくあります。

倒れている選手は相手チームの邪魔をするのもダメです。

ラックで倒れている時はボールへも相手へもお触り禁止です。

ハンドとは|まとめ(ラグビーでの反則)

ハンドとはなにかを理解する上で基本となる考え方は「ラグビーでは倒れていると何もやってはいけない」ということです。

そこを意識してブレイクダウンなどの密集の攻防を見ると、とても楽しめますよ!

倒れた直後の1プレーや倒れる直前は大丈夫ですが、一度倒れてプレー不可の状態になった時は少しでも早く立ち上がる事が大事です。

選手であればハンドの反則って、ついやってしまうと思います。
結構ギリギリのラインを攻めて大丈夫だった経験をすると、尚更ハンドをやってしまいます。

ただ、見るレフリーはしっかり見ているので、ごまかそうとせず、正々堂々とプレーするのが何だかんだでオススメです。