谷口真由美さん(ラグビー協会理事)の経歴など【法人準備室長】

谷口真由美ラグビー協会理事

ラグビー関係者の中では少し驚いた人もいらっしゃったかもしれません。
先日発表された新リーグの候補25チームに関してラグビー新リーグの法人準備室長である谷口真由美さんが表舞台に出てこられました。

谷口真由美さんは2019年6月に新任としてラグビー協会理事のポジションに就かれておりますが、人によっては

この谷口真由美さんって誰なんでしょうか?

と思われると思います。
そういった方の為に今回は谷口真由美さんの経歴などについて簡潔にまとめさせて頂きました。

谷口真由美さん(ラグビー協会理事)の経歴

谷口真由美さんは元々「全日本おばちゃん党」という、ピーク時には6,000人のメンバーを抱えていた市営団体を発足させ、代表代行となっていた経歴を持つ。

谷口真由美さんの出身大学は以下の通り。
1997年:大阪国際大学政経学部卒業
1999年:和歌山大学大学院経済学研究科修士課程修了
2004年:大阪大学大学院国際公共政策研究科博士課程修了

近鉄ラグビー部で活躍した父を持つ谷口真由美さんは1975年に大阪府大阪市にて出生。
幼少期からラグビーに触れあっていた経験もあり近年はラグビー関連のイベントに多数出演しており、2019年1月には女子セブンスチームの「アザレア・セブン」の理事も務めた。

谷口真由美さんはサンデーモーニングへの出演も

谷口真由美さんはサンデーモーニングへの出演経験もあり、そういったメディアへの露出により全国的な知名度も相応にある模様。

谷口真由美さん

出典:https://ksl-live.com/blog11201

正直、ネット上ではネガティブな意見が多い谷口さんであるがラグビーへの想いは強い。

2019年6月にラグビー協会の理事に就任した谷口さんは、その後ラグビー関連の職務に専念すべく2020年3月を以てラジオなども含む全てのメディア活動の降板を発表された。

ラグビー協会の理事は複数人いる

谷口真由美さんがラグビー協会の「理事」というポジションに就任していることに驚いている人も多いかもしれませんが、実はラグビー協会の理事は複数人います。

理事=トップ
と思われるかもしれませんが実はそうではありません。

2019年6月に就任したラグビー協会の理事は以下の通り。

浅見 敬子(42歳/再任)
石井 淳子(61歳/新任)
稲澤 裕子(60歳/再任)
久木元 孝行(65歳/再任)
齋木 尚子(60歳/新任)
境田 正樹(55歳/新任)
谷口 真由美(44歳/新任)
土田 雅人(56歳/再任)
中竹 竜二(46歳/新任)
中村 明彦(64歳/再任)
浜本 剛志(62歳/新任)
藤井 雄一郎(50歳/再任)
前田 直毅(57歳/再任)
松原 忠利(64歳/再任)
水越 豊(62歳/新任)
山本 巧(55歳/再任)
渡瀬 裕司(56歳/新任)
渡辺 一郎(61歳/再任)

これだけ多くの人物が「理事」というポジションに就任しています。
(そんな多くポジション与えて何しとんねん!というツッコミは今回割愛させて頂きます)

谷口真由美さんの法人準備室長という役割

谷口真由美さんの法人準備室長という役割は非常に重要です。
ラグビー新リーグ立ち上げに関しては全面的に表立って動かれており、ラグビーワールドカップにより日本国内で更に注目を浴びているラグビーの新リーグとあればその責任の重さは想像に難くない。

先日、ラグビー新リーグ(2021年度)で25チームが候補に【トップリーグ】という記事を公開しましたがこの時も谷口さんの口から状況が語られました。

今後もラグビー協会の動向には注目し、適切に情報を発信していきます。