スーパーラグビーAU第1節/2 レベルズvsブランビーズ

スーパーラグビーAU第1節/2が7月4日に行われました。
レベルズvsブランビーズの試合について振り替えっていきます。

メンバー紹介|スーパーラグビーAU第1節/2 レベルズvsブランビーズ

レベルズ

レベルズのSOマット・トゥムーアがスーパーラグビー100CAPを迎えました。
ブランビーズでデビューし、ブランビーズ戦で100CAPを迎えるという運命的な試合。
フォーリーの後を担うワラビーズのSOとしても注目な選手です。

ブランビーズ

ブランビーズの注目はワラビーズ経験者のフォワード前列の3人。
特にHOフォラウ・ファインガはセットプレーだけではなく、フィールドプレーにも注目です。

レベルズvsブランビーズ 前半

BKにワラビーズメンバーを抱えるレベルズ、FW前列にワラビーズメンバーを抱えるブランビーズ。
年始のスーパーラグビーでは調子がよかったブランビーズですが、その調子が継続できるか注目です。

試合開始早々、前半3分にブランビーズWTBミューアヘッドがラインアウトからのサインプレーで注目選手フォラウ・ファインガからパスを受けて見事トライ。早速ファインガがフィールドプレーで魅せました。コンバージョンも成功し、レベルズ0ー7ブランビーズ。
その後前半8分にレベルズの注目選手SOトゥムーアがペナルティゴールを決めレベルズ3ー7ブランビーズとします。

ブランビーズは自慢のフロントローが噛み合わず、4本立て続けにスクラムでペナルティを与えてしまい流れを掴めず、前半23分にペナルティゴールで得点を許します、レベルズ6ー7ブランビーズ。

ブランビーズはスクラムは不利な状況が続くものの、自陣22mエリアから敵陣へキックしたボールがワンバウンド以上してタッチに出た場合、マイボールラインアウトで再開するできる新ルールを活かし敵陣に侵入。ペナルティから得意のラインアウトモールでSHパウエルが持ち出しトライ。コンバージョン失敗 レベルズ6ー12ブランビーズ。
やはりこの新ルール、ゲームの流れを変える重要なポイントとなりそうです。新ルールは下記リンクに詳しく書いています。

関連記事

いよいよ開幕を迎えたスーパーラグビーAU。 新ルールが導入されているのでそちらをチェックしていきましょう! スーパーラグビーAU 新ルール 開催にあたり、新ルールが導入されております。 ①スーパータイムの導入 前後半8[…]

レベルズのミスが目立つ中少しづつ流れを引き寄せるブランビーズ。ペナルティから敵陣に深く入りフェーズを重ね、注目選手HOファインガが3人のディフェンス跳ね飛ばしトライ、やはりファインガ強烈です!コンバージョンも成功し レベルズ6ー19ブランビーズ。
ファインガはスーパーラグビーから3試合連続でトライを更新中です。

ここで前半終了。 レベルズ6ー19ブランビーズ。

前半はレベルズ、後半はブランビーズのペースとなりましたが、後半はブランビーズのスクラムが鍵となりそうです。
レベルズはバックスでどれだけラインブレイクが出来るか、素早い展開が鍵となります。

レベルズvsブランビーズ 後半

後半開始早々に試合は動きました。
ハーフライン付近、ブランビーズのSOロレシオがサンウルブズでもプレーしたレベルズLOストーバーグとのミスマッチを付きラストパスを決めてトライ。トゥムーアに負けじとアピールしていきます。コンバージョンは失敗 レベルズ6ー24ブランビーズ。

後半57分、WTBコロインベテと途中交代で投入されたリース・ホッジがリズムを作りゴールライン前のラインアウトモールでようやく初トライ。ブランビーズのお株を奪う形となりました。ゴールキック成功 レベルズ13ー24ブランビーズ。

またすぐに後半63分、レベルズはバックスでの素早い展開で本領を発揮。左右にボールを展開しブランビーズデェフェンスを完全に崩してトライを奪います。ゴールキックも成功し レベルズ20ー24ブランビーズ。4点差とします。

後半70分、ブランビーズがまたもやスクラムでペナルティを犯します。レベルズはペナルティゴールを選択し、1点差へ詰め寄ります。
レベルズ23ー24ブランビーズ。この時点でスクラムペナルティがブランビーズ6つ、レベルズは0となっています。

後半76分、ブランビーズFWが意地を見せます。初めてスクラムを押し込みペナルティを奪うと得意の形でラインアウトモールからトライを奪います。ゴールキック成功 レベルズ23ー31ブランビーズ。

そのままノーサイドを迎えブランビーズの勝利 レベルズ23ー31ブランビーズ

レベルズvsブランビーズ【まとめ】

後半76分のブランビーズのスクラムが試合を決める事となりました。スクラムペナルティ6つとかなり多い数字でしたが最後に意地を見せる形でペナルティを奪い、得意の形ラインアウトモールでトライ、理想の形で試合を決める事ができました。

この試合で目立ったのはブランビーズSOノア・ロレシオ。トゥムーアよりもハイパフォーマンスを見せ、パス・ラン共に貢献度が高かったと思います。

レベルズが決定的な場面でのミスが多く、バックスのエンジンがかかるのも遅く、もう少し早くスピードアップすれば勝敗は変わっていたように思います。

また、やはりこの試合でも新ルールはゲームの流れを左右するものとなり、今後も重要となりそうです。

今後もスーパーラグビーAUの試合の模様をお届けしますので是非チェックお願いします!