アザレア・セブンがエコパで高校生ラグビー教室開校|エコパラグビーハイスクール

(PHOTO:アザレア・セブン公式サイトより引用)

静岡県に拠点を置くアザレア・セブンが7月11日に高校生向けにラグビー教室を開校しました。
女子セブンスラグビーチームとして新たなチャレンジを続けるアザレア・セブンスその実態に迫ります。

アザレア・セブンとは

アザレア・スポーツクラブの1st PROJECTである、女子7人制ラグビーチームとして「アザレア・セブン」は誕生しました。
年齢、ラグビー経験、人種関係なく、多種多様なメンバーで構成され、ゼロからつくっていく面白さ、難しさを感じながら、コーチ、スタッフ、選手全員で同じ方向を見て奮闘しています。

アザレア・セブンは「ONE FAMILY」をテーマとしています。
“酸いも甘いも経験したお母さんから、歩みだしたばかりのベビーまで、ラグビーというツールを使い、一つ屋根の下、同じ目標をもち、ファミリーの一員としての義務と責任を果たしながら、楽しく愉快な人生を描けるよう活動していく”事を指針としています。

監督は、元サントリーで元日本代表の小野澤宏時氏を迎え、『地域に愛されるチーム』を目標に、女性がスポーツを通し活躍し笑顔の絶えない環境を作り、競技力の向上、ラグビーファンに開かれた環境を作る事を掲げています。

(PHOTO:アザレア・セブン公式サイトより引用)

中には初めてラグビーを始める選手もいるそうで、これまでの概念に囚われない新しいチームとして活動しています。

▼アザレア・セブンのホームページはこちら▼
https://azalea-sc.com/azalea-seven/

アザレア・セブンがエコパで高校生ラグビー教室開校|エコパラグビーハイスクール

静岡県ラグビーフットボール協会が主体となり、7月11日に静岡県内高校生を対象に、ラグビー部が無い中東遠地域に開設した「エコパラグビーハイスクール」を掛川市のエコパで開校しました。

(PHOTO:エコパ公式サイトより引用)
エコパはトップリーグでも試合会場にになる巨大なスタジアム。こんなところで練習できると贅沢!!

 

第1期生は、磐田市の伊東琉希さん(遠江総合高1年)と袋井市の増田華さん(掛川工高1年)。
スクール運営主体のアザレア・スポーツクラブ率いる女子7人制ラグビーチーム「アザレア・セブン」のメンバーと初練習を行いました。

伊東さんは「動きを見習い、細かい技術をもっと高めていけたら。次回からは自分から声を出し、積極的に動きたい」とコメント。
増田さんは「高いレベルの練習の中、パスの精度を向上させたいと思った。将来はアザレア・セブンの選手として活躍できたら」とコメントしました。

エコパラグビーハイスクールは、月、水、金曜の平日と土曜の週4回練習を行うようです。
随時、メンバーを募集しているようなので興味のある方は是非参加してみてはいかがでしょうか!