アクシデンタルオフサイドとは【あっ!/ラグビーのルール解説】

ラグビーの試合観戦をしていて味方同士でぶつかり反則となった場面を見たことはありませんか?

あれはラグビーのルールでアクシデンタルオフサイドと呼ばれる反則です。

選手としては「あっ・・・」
観戦する人も「あっ・・・」
となるのがアクシデンタルオフサイドです。

この記事ではアクシデンタルオフサイドについてラグビー経験者が解説していきます。

アクシデンタルオフサイドとは【ラグビーのルール解説】

ラグビーにおけるアクシデンタルオフサイドとはボールを持っている選手が自分より前にいる仲間にぶつかる事でオフサイドと判定される反則の事を言います。

もう少し説明すると、

ボールを持っている自分が相手のディフェンス選手に思い切りヒット(ぶつかること)しようとした時に、ヒットする直前に仲間がうっかり自分と相手ディフェンスの間に入ってきて自分が相手にはぶつからず、仲間にぶつかってしまうことです。

そうすると、レフリーはこちらのアクシデンタルオフサイドの判定をして相手ボールになります。

アクシデンタルオフサイドの反則は相手ボールになる

アクシデンタルオフサイドの反則をしてしまうと相手のボールになってしまいます

アクシデンタルオフサイドが発生した場所から、相手ボールのスクラムで試合が再開されます。

ポイント:アクシデンタルオフサイドには「オフサイド」という名前がついていますが、重い反則ではないのでペナルティーではなくスクラムで再開されます。ラグビーのオフサイド=ペナルティーと思っていると、混乱してしまいますので、注意してくださいね。

アクシデンタルオフサイドを取られないコツ

アクシデンタルオフサイドを取られないコツとしては

・攻撃側でボールを持っていない仲間がしっかりとボールの位置を把握しておくこと

・自分がボールを持った場合にむやみに斜めの方向などへ走らないこと

これが大事です。

アクシデンタルオフサイドが起こりやすい場面

アクシデンタルオフサイドが起こりやすい場面としては、スクラムハーフからフォワードが勢い良くボールをもらって相手にぶつかり、その後スクラムハーフがすかさず逆サイドを攻めようとボールを持ち出した時に、逆サイドに残っていたフォワードとぶつかってしまう場合があります。

また、ブレイクダウン(ラック)からフォワードがサイドを突く(ひたすらラックで攻めるような場面)場合に、つい前を見ずにボールを持ち出して攻めると、密集から抜けたばかりのフォワードが前にいてぶつかりアクシデンタルオフサイドを取られる事もあります。

アクシデンタルオフサイドとオブストラクションの違い

アクシデンタルオフサイドとオブストラクションの違いはシンプルです。
自分がアタック側のチームだった場合は

アクシデンタルオフサイド:自分がボールを持っていて前にいる味方にぶつかってしまう
相手ボールのスクラム

オブストラクション:自分がボールを持っていて、自分がぶつかろうとしていた相手に味方がぶつかってディフェンスの妨害をしてしまう
相手ボールのペナルティ(アクシデンタルオフサイドより罪が重い)

こんな違いです。

アクシデンタルオフサイドは「あっ!」となる反則

アクシデンタルオフサイドを防ぐコツとして以下のポイントを書きました。

・攻撃側でボールを持っていない仲間がしっかりとボールの位置を把握しておくこと

・自分がボールを持った場合にむやみに斜めの方向などへ走らないこと

ここに書いてある通り、アクシデンタルオフサイドはノックオンなどと違って、ある程度は防ぐ事が可能です。

なのでアクシデンタルオフサイドが起こってしまうと、つい

「あっ・・・」

となるのは、選手としても観客としても仕方ないところです。笑