箕内拓郎氏が日野自動車ラグビー部HCに就任|主将交代など改革へ

 

中日スポーツより

日本代表のNo8として多くのラグビーファンを魅了した箕内拓郎氏が日野自動車ラグビー部HC(ヘッドコーチ)に就任することが発表されました。

また、2020年3月に部員の不祥事で無期限の活動休止をしていた日野自動車ラグビー部は同年7月6日より活動再開。

箕内氏のHC就任以外にも主将交代など、組織改革が行われた形となりました。

箕内拓郎氏が日野自動車ラグビー部HCに就任

箕内拓郎氏が日野自動車ラグビー部ヘッドコーチに就任することは7月2日、日野レッドドルフィンズのHPから発表されました。

関東学院大学時代に主将を務めて大学選手権優勝を果たした箕内氏はオックスフォード大学へ1年間の留学を経て1999年にNECへ入社。

2003年と2007年のワールドカップでは日本代表の主将を務めるなど、当時を知るファンにとっては英雄的存在。

2017年から日野自動車ラグビー部のFWコーチを務めており、今般ヘッドコーチに就任。

ちなみに2003年のラグビーワールドカップはイングランドが優勝した年で、
ジョニーウィルキンソン選手が大活躍されました。
箕内拓郎,ラグビーワールドカップ2003年,イングランドGREAT BRITAIN – CIRCA 2003: A stamp printed in England shows English rugby team world champion, serie, circa 2003

 

日野自動車ラグビー部は主将交代など改革へ

日野自動車ラグビー部は箕内拓郎氏のヘッドコーチ就任以外にも新たな主将を2名(共同)任命しました。

No8堀江恭佑選手とSHオーガスティン・プル選手の共同主将

共同主将を務めるNo8堀江恭佑選手とSHオーガスティン・プル選手のプロフィールは以下の通り。

 

堀江恭佑選手
日野自動車ラグビー部の堀江恭佑選手
オーガスティン・プル選手
日野自動車ラグビー部のオーガスティン・プル選手

日野レッドドルフィンズ公式HPより

この両名が今後は日野自動車ラグビー部を導きます。
ちなみに筆者はこの堀江選手を高校時代から知ってますが並外れた筋力を持ってました。

【まとめ】新体制|箕内拓郎氏の日野自動車ヘッドコーチ就任

今回は箕内拓郎氏の日野自動車ヘッドコーチ就任と併せて新主将について紹介させて頂きました。

コ■ナによって日本経済全体及びラグビー界だけでなく、チームとしても様々な問題にぶつかってきた日野自動車ラグビー部ですが今回の新体制による今後の活躍には多くの方々が注目されてます。

ノーサイドTVとしても引き続き幅広く情報を収集して読者の皆様へ発信して参ります。